鉛電池−炭素の新しいエネルギー貯蔵ソリューション

2018/1/5 15:10:02
炭素電池技術は、オーストラリアの科学者によって最初に提案されたリードは、古代日本において古川研究を始めたのは、アメリカ合衆国を重視し始め、そして中国での勉強を始めて、10年以上。近年では、このフィールドは中国の研究に寄与しました。炭素電池の先端技術である鉛の化学的貯蔵技術の優れた性能。現時点では、複合技術を用いたカーボンバッテリーは鉛、帯電性能や寿命を劇的に増加した。エネルギー貯蔵技術の5つの重要な評価指標、すなわち、電池のサイクル寿命、大きさ、安全性、効率性、コスト。鉛炭素電池のいくつかの指標の評価によっては、充放電サイクル数の非常に良い影響に達していることがわかった。現在、エネルギー貯蔵技術の中心的な問題は、コストの問題です。現在の計算結果は、炭素のバッテリーは、キロワット時の電気店なかった鉛、コスト. 37の元、鉛電池とリチウム電池. 94 . 63の元である間、元。鉛炭素電池の明らかな利点があります。3つの方向に炭素電池技術の進展をリードし、第1の1つの炭素の作用のメカニズムを研究する必要があり、作用のメカニズムは非常に多くのため、種々の炭素材料と同じではないので、この機構を改善し、改善を目的とする必要がある。第2の更なる向上への高性能炭素材料と添加物は、国際社会は、新しい方向に移動して、我々は現在活性化炭素材料や磁気の木と他の材料を使用しています。第3の異なる炭素材料との有機的な相乗効果を必要とする更なる研究、鉛バッテリー管理システムと技術の大規模な数の中に炭素電池、鉛電池技術の炭素は非常に重要な側面です。